仮性包茎の弊害
健康面において
健康面での弊害
包皮で覆われているため雑菌、大腸菌、感染菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

1,通気性が悪く、ばい菌の温床になり亀頭炎包皮炎になりやすい
2,亀頭のカリ部分にコンジロームというウイルス性の白いブツブツができやすい
3,亀頭の根元付近に脂肪腫が出来やすい(感染症ではないが見た目が悪い)
4,亀頭包皮炎が悪化すると尿道炎膀胱炎を併発しやすい
5,恥垢が原因で亀頭炎や包皮炎と、それらが併発した亀頭包皮炎になりやすい
6,大腸菌などが感染すると先が赤く腫れてうみが出る亀頭包皮炎になる
7,亀頭、陰茎の炎症や細菌感染が起こりやすくなる
8,陰茎ガンの発症率が高くなる

たかが包茎。されど包茎。
包茎は病気ではありませんが包茎が原因で病気となってしまうこともあります。
どんな病気も早期発見が完治の策です。
今のうちに治しませんか?
意外と簡単に包茎は改善できます。
改善策、気になりますか?

仮性包茎矯正グッズ一覧
日常生活の弊害
男性器サイズの弊害
SEXの際の自分自身への弊害
SEXの際のパートナーへの弊害
サイトトップ
▲ページトップ

(c)2010 爽 nicccce!!-ソーナイッス!!
all rights reserved.

携帯アクセス解析