包茎雑学
意外と知らない身近な疑問

地球上の哺乳動物で包茎でない生き物は存在しません。
哺乳動物にとって包茎であることは種の存続になくてはならないものです。
生殖に使用される陰茎は、むき出しのままでは傷つきやすく保護しなければなりません。
またオスにとって、広大な自然の中で、いつメスに遭遇できるか分かりません。
一生かかっても遭遇しないかも知れません。
もしも幸運にもメスに遭遇することができるとしたら、その時こそがチャンスです。
脱兎の如く駆け寄って、サッと陰茎を膣内に挿入して素早く射精をしなければなりません。

そんな千載一遇のチャンスの時に、普段むけた状態の陰茎では鈍感であるために何回ピストン運動してもなかなか射精できないかも知れません。
そうこうしている間にメスに逃げられたり、無防備時の性行為中に、他の獣に襲われてしまうかも知れないのです。
ですから
陰茎は敏感で、どうしても早漏である必要があったのです。
また他の哺乳動物では
オーラルセックスは行いませんが、人間のオスはすすんでオーラルセックスをしてもらい喜んでいます。
しかし
恥垢のたまった鼻に付く臭いのする陰茎を相手にオーラルセックスは厳しい物があります。
そのために包茎を恥じる文化が発生したのです。

↓陰茎の臭いを抑えるオススメ商品↓
クマッキーハイブリット
【送料無料】 2,980円

同時にペニス増大!パワー磁石がお得!!
ハイブリッド+S磁石
(シングル:磁石2個)
【送料無料】 3,480円

ハイブリッド+W磁石
(シングル:磁石4個)
【送料無料】 3,980円

ページトップ

仮性包茎矯正グッズ一覧
仮性包茎
真性包茎
カントン包茎
サイトトップ
ページトップ


(c)2010 爽 nicccce!!-ソーナイッス!!
all rights reserved.

携帯アクセス解析